• 料理

自宅でも作りたくなる! 小雀陣二さんのお手軽燻製レシピその2・3

2016.06.23 Thu

小雀陣二

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

誰にでも作れる簡単なアウトドア料理の魅力を
様々なメディアで提案する小雀陣二さんが
Akimamaでもレシピを公開!
「燻製」をテーマに、“超”のつく
簡単でおいしいワザをご紹介します。


 前回に引き続き、使う道具はキャメロンズというブランドの「ストーブトップスモーカー」です。燻製はブラックペッパーやハーブといった調味料と同じ感覚で、食材に香り付けするいわば“香りの調味料”のようなもの。このキャメロンズはサッと取り出して気軽に使えるのが魅力で、たいてい何種類かの燻製チップとともにキャンプに携帯していくアイテムのひとつです。

 では、今回も“超”のつくほど簡単なレシピをお届けしましょう。

燻製レシピ02
燻製揚げと青ネギの和え物
 キャンプ料理で和風?と思いそうですが、焚火を囲んで飲み始める夕暮れどきの最初の1品にピッタリです。

■材料
スモークチップ(サクラかクルミ) 1/2カップ
お揚げ 大1枚(「栃尾のあぶらげ」がオススメ)
青ネギ 1本
(調味料)
ポン酢 20ml
白ごま 適量
燻製

■作り方
下ごしらえ なし

1、スモーカーにチップを入れ、付属品の汁受け皿、網を置いてお揚げを載せる。

2、フタをして強火で熱し、煙が出てきたら中火に近い弱火で熱する。

3、3分ほどでいったんフタを開けて揚げを裏返し、さらに3分ほど燻製する。

4、ネギを食べやすい大きさ、揚げは3cm幅にカットしてボウルに入れる。
5、ポン酢を加えてサッと和え、器に盛って白ごまをふりかければできあがり!

 お揚げを燻製し、切って長ネギとポン酢と和えるだけ。とても簡単なのに、口に運んだ瞬間フワリと香る薫香が味わいを深め、お酒が進むこと間違いありません。焼酎ロックと合わせてどうぞ!

燻製レシピ02
しっとりヒレハム

■材料
スモークチップ(ヒッコリー) 1/2カップ
豚ヒレ肉 1本
(調味料)
あら塩 適量
ブラックペッパー たっぷり
ピンクペッパー 適量

■作り方
下ごしらえ ヒレ肉にまんべんなく塩をしっかり振って揉み込み、吸水シートに包んで冷蔵庫で一晩寝かせる(=塩味を浸透させ、余分な水分を吸い取る)

1、おいしく作るポイントです。ヒレ肉が隠れるくらいの熱湯をダッチオーブン(または蓄熱性の高い土鍋などの厚手の鍋)で沸かしヒレ肉を入れる。いったん温度が下がるので再沸騰させ、フタを閉めて火を消し1時間放置する(=余熱で火を通し、余分な塩分を取り除くため)

2、ペーパータオルなどで水分を拭う。できれば1時間くらい肉を落ち着かせるといい。

3、スモーカーにチップを入れ、付属品の汁受け皿と網を入れ、肉を置く。フタをして、強火で熱し煙が出たら中火に近い弱火で燻製する。

4、スライスして器に盛り、塩、ブラック&ピンクペッパーを振ればできあがり。

 手順はいくつかありますが、下ごしらえも調理も放置の時間が多いので手間はかかりません。

 できたてのハムはしっとりとほどよく水分を含み、噛むほどに肉の旨味が口いっぱいに広がります。夜が深まり始めたころに味わう絶品ハム、オススメです。

 次回も“超”簡単な燻製レシピをお届けします!
(文=小雀陣二、写真=田淵睦深)
 

「燻製はカンタン」と断言! 小雀陣二さんのお手軽燻製レシピその1
家ごはんにも取り入れたい! 小雀陣二さんのお手軽燻製おつまみその4・5
もあります。こちらをクリック!



キャメロンズ/ストーブトップスモーカー

■サイズ:使用時28×59×8cm(収納時 28×38×8cm)、網からフタまでの高さ:約5.5cm
■重さ:2,540g
■付属品:本体(汁受けトレイ・網・フタ)、スモークチップサンプル(約155ml×2)、日本語説明書

■お問い合わせ
アンプラージュインターナショナル
TEL.072-728-2781
https://camerons.jp/

小雀陣二

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

1969年東京都生まれ。雑誌やテレビ等のメディアでアウトドア料理のレシピを公開するほか、商品企画にも携わり野外料理関連のヒット商品も世に送りだす。2013年には神奈川県・三崎に喫茶店「雀家」をオープン。著書には『オトコの自慢料理』『BBQがウマくなる本』(エイ出版社刊)、『簡単なのに豪華にできる! ソトごはんレシピ』(学研ムック)など

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント