line_box_head

質実剛健な灯油ランタンがもたらす素朴な明かり フュアーハンドランタン276

(2013.12.10)

道具のTOP

icon

nier01

ユラユラと控えめに、けれど力強く燃える炎。キャンプの夜が好きな人にはたまらないアイテムです

nier02

今回プレゼントとなるシブめのブロンズのほか、赤や黄色など鮮やかなカラーも

 12月1日から1ヶ月限定でスタートしたAkimamaのリサーチ企画「Akimamaリサーチ vol.1 おしえてみんなのアウトドア」。豪華80点のプレゼントのなかから今回ご紹介するのは、質実剛健なランタンです。

Nier/フュアーハンドランタン276
 2013年に創立111周年を迎えた歴史あるランタンブランドが、ドイツ東部国境に近い街で生まれたフュアーハンド社です。創設者はハーマン・ニャーという人で、彼が当時取得した特許によって灯油ランタンの生産がスタートしました。強風時でも炎が消えない特殊な構造や、燃料がこぼれにくいタンク、風雨に強い耐熱ガラスの風防……などの機能から、ドイツ軍やヒマラヤ遠征隊でも正式採用されたランタンとなりました。

 ドイツ人の職人気質は日本とも通じる部分がありますが、20時間以上という燃焼効率の高さをはじめ、炎の安定感やススの出にくさ、臭いの少ないバーナー部など、本当に実用的なアイデアがいくつも込められているんですよね。基本的なデザインが100年以上変わっていないというのも、信頼のおけるところ。

 なにより、煌々と輝く最先端の照明器具が多いいま、こういった素朴で質実剛健な明かりが、夜更けにとてもよい時間をもたらしてくれます。Akimamaスタッフも個人的に2つ所有していますが、キャンプや友人を招いた家飲み、パーティのデコレーションなどとして、手元に置いておきたい明かりと言えます。どこでも手に入る灯油が燃料ということもありがたいですね。

Akimamaリサーチ vol.1 おしえてみんなのアウトドア」では、プレゼントで3名様ご用意。寒い冬の、暖かなひと時にぜひ狙いたいアイテムです。

 

 

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot