line_box_head

【やってみた】PETZLのヘッドランプ用バンドを換えたら、快適さ復活!

(2015.05.01)

道具のTOP

icon

画像

生まれ変わった愛用の「ティカXP2」。もう何年もいろんな旅を共にしている愛用品です。今回バンドが黒に変わったことで、グッとテクニカルな印象になりました。

画像02

「ナチュラム」でオーダーしたスペアバンド。オーダーサイトでは色の選択ができません。この件もアルテリアに聞いてみたところ、スペアバンドについては現在、黒のみとなっているそうです。ちなみに購入時の金額は税込み849円。オーダーから到着まで、ちょうど1週間でした。

画像03

左上)バンドのびのびのティカXP2です 右上)ベルトの端っこについてるクリップをちょいとひねると、バンドはあっさり外れます 左中)そのまま本体の溝から抜けば 右中)はい、バンド取り外し成功。ここまで30秒 左下)説明図を見ながらこうかな……と悩む時間が1分。理解できればあとはサクサク進みます 右下)最後にバンドのエンドを通したら終了

画像04

ティカXP2のバンドクリップは笛になっていました。これ、何となく捨てるには忍びないってわけで移植。小さなコトですが古いパーツを活かせたうえ、オリジナル感が出て嬉しいのです。

 真冬のバックカントリースキーから夏場の渓流釣りに、そしてキャンプでトイレに行く時に。まさにヘッドラップは四季を通じて手放せない、アウトドアライフの必需品です。が、長年使ってるとバンドが「びろ〜〜ん」と伸びてくるのは避けられません。頭につけてもズルズル下がってきたり、動くたびに光軸が揺れるってコトになると、うっとうしくて行動も鈍っちゃいます。

 それ、だましだまし使ってた! なんて方々にはオススメです。PETZLのヘッドランプはバンド交換が可能。しかも、複雑そうに見えてやってみたら2分で完了っていう、拍子抜けするイージーなんですよ。

 問題はこのスペアバンドの入手ですが、PETZLの輸入元であるアルテリアに問い合わせたところ、
「ペツルヘッドランプを取り扱う登山用品店(http://www.alteria.co.jp/headlamp/dealer/)か、インターネット通販をご利用下さい」
とのこと。

 で、早速検索をかけたところ、ヒットしたのがご存じ「ナチュラム(http://www.naturum.co.jp/)」さん。もちろん、PETZLの正規取扱店です。こちらで適合するバンドをオーダー。在庫があれば1週間ほどで商品が届きます。

 で、説明書を見ながら届いたバンドを入れ替えれば、今までどうやってもおでこの上に収まってくれなかったヘッドランプがビターーッとステイ。走ろうが何しようが、不安定さ一切無し。そう言えば新品の時はこの落ち着き方でした。というわけで、冬から夏への狭間です。お休みの時間をいかして、道具のメインテナンスなんていかがっすか?

 

PETZLヘッドランプについてはこちらへ
アルテリア
http://www.alteria.co.jp/

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot