line_box_head

山の仕事人、縦走パックを背負う。「ドイター/エアコンタクト65+10」その1

(2015.10.21)

道具のTOP

icon

画像01

大きな荷物を背負って山を歩くカメラマン。
彼らのバックパックに収められているのは、
個人装備と、扱いの繊細な撮影機材。
ひと一倍重いパックを背負って
山を歩くエキスパートに聞きました。
「縦走用パックはどんな基準で選んでますか?」

違いのわかる仕事人、唐松岳に登る

 話をうかがったのは、学生時代は沢登りとクライミング、ラフティングに没頭していたというアウトドアカメラマンの亀田正人さん。約5000kmにも及ぶ「メコン川全流降下」の記録をアウトドア雑誌に持ち込んだことがカメラマンになったきっかけだとか。そんなエクストリーム系カメラマンが今回登るのは、紅葉真っ盛りの唐松岳。


「どーも、亀田です。アウトドア誌では、岩壁や激流での撮影をメインに行なっていますが、危なくない仕事もしています。料理の撮影やポートレートの撮影も、大歓迎ですよ!」

 この日の唐松岳山麓の天候は、晴れときどき曇り。麓と入山口を結ぶゴンドラを降りると上部の駅は深いガスの中。駅前で身支度を整えて八方尾根へ向かいます。この旅で、亀田さんが背負っているのは、ドイターの大型パック・エアコンタクト65+10
 ところで亀田さん、大型パックはどんな基準で選んでいるんですか?

「沢登りを長くやっていたせいか、ストラップが長かったり、便利な小物入れが付いたものより、シンプルな構造のものが好きですね。パックの余計な付加物は行動中にひっかかったり、用途が限られているんですよ」「あとは丈夫さ。パックは軽ければ軽いほどいいですが、軽さを得るために強度が損なわれたり、背負いづらくなっているものはダメ。布地には一定以上の強度とそれを支えるフレームには剛性が必要だと思います」

「機材をきちんと装備できることも大切です。パックによっては、三脚は中に収めてしまうのですが、サイドに3本のストラップと、大型のポケットのあるエアコンタクト65+10は三脚をしっかりと保持できます」

「夏場は背面の涼しさやパッド類の汗抜けのよさも気になります。構造や素材によって背面の快適さは大きく変わりますから。背負っている状態でも背面に空間ができるモデルは断然涼しい」

「好みによりますが、ユーザーに工夫の余地があるものが好き。トップリッドのDリングや、フロントパネルのデイジーチェーンのようにユーザーが自分の用途にあわせて拡張できる機能は嬉しいですよね」

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot