line_box_head

神の手による“カスタマイズ”でマイブーツを整えてみた結果!

(2016.02.26)

道具のTOP

icon

画像01

 登山やトレイルランニング、クライミング、自転車……などの様々なアウトドアスポーツで、「靴」は運動の基本となるアイテム。

 が、足に合わせて購入しているつもりでも、フィールドで痛みを覚えたり、タコができたり、1日の後半には足がひどく疲れたり……と、理由がなぜだかわからないまま、さまざまなトラブルに悩む人は少なくありません。

 それらの原因は、足の形状が人によって千差万別であるのにも関わらず、市販の同じ靴を履くほかないことも大きな理由と言えるでしょう。生活で使うだけならともかく、変化する地形を歩いたり、駆け降りたり、踏ん張ったり、ときに飛んだり……と、いろんな運動を伴うものであるなら、足に不安やストレスがなく、さらに運動能力を引き出すものであることが理想と言えます。

 今回、東京の下町・墨田区に、靴のあらゆるお悩み(とくにスポーツに特化した)を職人ワザでスパッと解決するブーツフィッターがおられると聞きつけ、取材を口実にお邪魔してみました。

 そのお店はスノーボードとサーフボードを扱う「TOWN PUMP(タウンポンプ)」。

 オーナーの仁平和良さんはスノーボード業界ではよく知られたブーツフィッターであり、「Soleman仁」という名で活動。年間300足以上のカスタマイズを手がけ、国内のプロスノーボーダーはもちろん、テリエ・ハーコンセンやトラビス・ライスといった海外の超ド級のプロスノーボーダーが来日の際にわざわざ日程をとって足を運んできたというほどのスゴ腕なのだそう。


TOWNPUMPのSolman仁さんが行なうシューフィッティングでは、スノーボードやスキーブーツのほか、登山、テニス、サッカー、ラグビー、トライアスロン、さらには日常の女性向けパンプスなどのインソールも手がけている

 今回カスタマイズをお願いするのは、シーズンまっさかりである「スノーボード」のブーツです。“仁さんに調整してもらったスノーボードブーツの履き心地は、筆舌にしがたい、まさに神業” なんてウワサを聞いていたので、念願かなっての来店となりました。


今回使った「DEELUXE(ディーラックス)」は、サーモインナーと呼ばれる熱で成型できるインナーブーツ(写真右)をもちいたオーストリアのスノーボードブーツ専門ブランド。ゲレンデからバックカントリーまで対応する女性ハイエンドモデル「EMPIRE LARA」を購入し、フィッティングしてもらった

「インナーブーツの熱成型に加えて、中に敷くインソール(中敷き)を変えることで履き心地や運動性能が劇的に変わる」。カスタマイズで使われるのは、ウィンタースポーツ向けに作られた「SIDAS」のウインタープラスプロ。つま先が薄めに設計され、細かなボード操作がしやすい。両サイドの緑色のパーツは、ブーツ内での安定性を高めるオプションパーツ

 カスタマイズは、足の細かな計測から始まりました。

「自分の足のサイズを正確に分かっている人はほとんどいません。学生時代の身体測定で計った数値などを今も靴選びで使っていることが多い。実際は左右の足のサイズが違う人もいれば、足幅や甲の厚み、足裏のアーチ形状も千差万別。本当に自分の足に合うブーツを見つけるには、それらの正確な情報が欠かせません。うちではブーツの購入やカスタマイズの前に、まず全員こうして足を事細かに計測します」


この写真では分かりづらいが、鏡の上に立ち足裏を映して形状を確認。アーチの構造や指の付き方などをチェックされる(自分の足を後ろから見ることなんて普段ありません。左右いびつ!)
 結果、Akimamaスタッフの足は左右の足が3mmほど長さが違い、幅は狭めで甲は薄め。足裏のアーチは比較的運動向きの形だが、蹴り出しのパワーが若干外に逃げ気味。1日の後半までしっかりと疲れずボードを踏み込めるよう、インソールでもっとサポートしてあげる方がよりいい、と判明。登山靴なら細身デザインである、スカルパやスポルティバなどのイタリアンメイドのブーツが合う足型、ということもおまけに分かりました。

 いや〜自分の足のことなんて全然分からないから、目からウロコですよね。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot