line_box_head

<老舗山専さかいやスポーツ> 新入部員に売れまくりアイテム7選!

(2016.06.11)

道具のTOP

icon

東京・神田に店を構えて60年。
多様なブランド展開と取り扱い数に定評のある
「さかいやスポーツ」の高橋典孝さんに
初夏恒例、「新入部員に人気のアイテム」を教えていただきました!

 登山用品専門店にとって、初夏は新入生受け入れの季節。

 当店では毎年数十組の山岳部、ワンダーフォーゲル部、アウトドア系サークルを迎えいれます。ご来店いただくたびに自分の学生時代を思い出し、甘酸っぱい気持ちになるやら背筋が伸びるやら。みなさんの山との出会い、今後の山行が喜びに満ちたものになることを願わずにはいられません。

 この初夏恒例の学生お買い物ツアーですが、以前とはちょっと様変わりしてきました。10年ほど前までは先輩部員が「お前ら、そこに並べ!」と指示を出して、その先輩がこれだと思うモデルから新入部員のサイズに合うものを買わせていました。

 ところが最近は、先輩部員もすっかりマイルドになりました。新入部員に勧めたモデルが「いや〜、これはちょっと好みじゃありません」なんて言われても、「あっ、そう? それじゃこれはどうかな?」といったふうに、お買い物アドバイザー的な存在で対応しています。

 それでも「学生さんはお金がない!」ことは昔も今も変わりません。限られた予算のなかで、求められる性能をもつアイテムを上手に選び出して買ってゆかれます。

 ウエア類は年度ごとに売れるモデルが変わっていきますが、それ以外のアイテムには数十年売れ続けるロングセラーも。みなさんが登山を始めたころにお世話になったアイテムもあるのではないでしょうか。それでは以下、5月に学生さんに売れたアイテム7選です!

■ ザ・ノース・フェイス/
マウンテンレインテックス NP11525 2015年モデル
メーカー希望小売価格 ¥39,000+税
さかいやセール価格 ¥26,760+税

その昔の、学生御用達のレインウエアのメーカーといえば「ハミングバード」。ハードな山行に耐える機能と学生でも買える価格を両立するゴアテックスのレインはこれ一択だったと言ってもよいのでは? それから月日は過ぎ、今年人気のアイテムはザ・ノース・フェイスのゴアテックス使用モデル。旧モデル31%OFFでなんと¥26,760+税! 安い!(でも、学生さんには高い!)安心のTNFのゴアテックスのレインウエアを学生さんが3万円出して買うとは、すごい時代になりました。やっぱり今どきの若人は見た目も重視。かっこよくて機能的にもバツグン。さすが、よく見ています!(笑)

■ セロトーレ/ビッグホーン 80~90L
¥29,500+税 *価格はご相談くださいね(ボソリ)


最近は道具が軽量・コンパクトになり、数日の縦走でもバックパックは60L程度の容量で済むようになりました。しかし、やっぱり山岳部やワンゲルはこうでなきゃ!!ガシガシ詰め込む長期縦走合宿対応ザック。いったい重さは何キロになるんでしょう? コーディネートは難しいカラーリングですが、このモデル、隠れた名品です。日本人向け設計で安心の背負い心地。「腰で背負える」デザインのボディには汎用性の高いギミックを満載! トップリッドのデイジーチェーン、サイドには3本のコンプレッションストラップと大型ポケット、フロントパネルのバンジーコード、小柄〜大柄まで対応する背面調整システム……。私もサイズ違いをひとつ持っていますが、使いやすさは一級品です。

■ 銀ロールマット大 180cm
¥1,600+税

高価なエアマットは、学生にとってこの世に存在しないも同然。ではウレタンのリッジレストかといえば、それとて高嶺の花。冷たく鋭い岩の寝床で学生たちを優しく受け止めるのは永遠の定番、銀マットです! エアマット1枚ぶんの値段で、新入部員全員ぶんのマットが買える驚きの価格。軽量で暖かく、「俺の辞書にパンクの文字はない」なタフネスボディ。古の時代に想いを馳せさせるトリコロールのバンド。この機能に恥じないハードな山行に使ってほしいですね!

■ エバニュー/アルミボールセット3
メーカー希望小売価格 ¥1,900+税 さかいや価格 ¥1,520+税
モチヅキ/ステンレススプーンセット(箸付き)
さかいやセール価格 ¥315+税


クッカーというよりも大鍋で作った料理を取り分けるための食器。だれもが通る道、アルミ3食器ってやつです。ええ、もちろん私の家にもあります。ものすごく長もちしますよね! そしてブキのセットはモチヅキ製。スプーン、フォーク、ナイフを重ねてコンパクトに携行。プラスチックのお箸までついてこの価格! 何がすごいって1本あたりは100均より安い!! さすが日本メーカーの意地。

■ フェニックス/クエストコンバーチブルパンツ
PH512PA17 2015年モデル 
メーカー希望小売価格 ¥9,300+税
さかいやセール価格 ¥5,278+税

速乾、ストレッチの薄手コンバーチブルパンツ。おまけに撥水まで効いてなんと税込み¥5,700!! 日本人向けのフィットで、サイズ展開も豊富。膝には立体裁断、4つのポケットを装備し、おどろきのストレッチ性能。人気ブランドの1万5,000円オーバーモデルと使い比べたとき、いったい誰が優劣をつけられるでしょうか。十分すぎるトレッキングパンツです。

■中山製靴/登山靴G
¥42,000円+税(28.5と29.0cmは¥46,200+税)

登山靴を作って55年。伝統的な製法で作り上げたクラシックな重登山靴。堅牢で、履けば履くほど足に馴染む逸品。山岳部&ワンゲル部 御用達の逸品です!!

*セール商品は在庫がいずれも残り極少数です!!お早めにどうぞ。

5月の総評
 5月は新入部員の受け入れもありましたが、一般の登山者の皆さんの購買意欲も大爆発! 山ガールブームが去ってからの数年は平常運転だったのですが、登山ブーム再来か思われるほど夏山用のウエアと道具がたいへんよく売れています。

 最近増えてきた「キャンプからステップアップして、低山ハイクから入門したい」といったご相談は山専の店員冥利。張り切ってご案内させていただいております。そして、先月もちらっと書きましたが、山専のさかいやスポーツでも、タープや焚火台などのキャンプ用品が登山用品と合わせて動いているのは注目したい動向です。

 実は私も、最近ゆるゆるキャンプにどっぷりはまっています。オートキャンプやBBQも含めキャンプって面白いですね! 

 自然を楽しんでいるのに体がつらくないので、きつい登山やトレランの合間のリラックスタイムです。危険も少ないから家族と一緒に楽しむこともできます。

 キャンプと登山の間にはなんとなく垣根がありましたが、ボーダーレスに向かうのはよいことだと思います。

 私もこの夏は、アルプスへの山行に予備日を設けて、麓のキャンプ場をベースにテンカラを楽しむ、といったスタイルで登山を楽しんでみようと思っています。
「新入部員のみなさま、やっぱりいいですよね、山!」

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot