line_box_head

【履いてきた】MERRELLの新作GORE-TEXサラウンドブーツをフィールドでチェック!! その①

(2016.11.29)

道具のTOP

icon


 以前、akimamaでも取り上げたことのあるMERRELLのゴアテックス サラウンドのブーツ、「CAPRA VENTURE MID GORE-TEX SURROUND(カプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス サラウンド)」。

 8月の発売を受けて、さっそく入手しました。そして、この秋冬、あちらの山こちらの山でしっかりと足慣らし。せっかくなので、実際に使った感想も含めてのインプレッションを。

 以前の記事は「MERRELLから、話題のGORE-TEX SURROUND採用シューズ登場」。ここでは、3つの特徴をまとめています。曰く、

1. 足の快適さを保つ「GORE-TEX SURROUND」+ミッドカット
2. ビブラム社の「MEGAGRIP」を搭載
3. MERRELLのスピードハイキングシューズ「CAPRA」のハイエンドモデル

 ということで、今回もこの3つのテーマに沿ってのフィールドインプレッションを実践。歩いた場所は、初秋の裏高尾と初冬の北八ヶ岳。どちらも天気は上々で、天高き青空に山の稜線が映えるという絶好の山登り日和でした。
 
 フィールドテストという意味では、比較的に安定した路面状況ではあったのですが……360度の通気性を誇るサラウンドなだけに、本当はあつ〜い時期だったり、ジメジメとした梅雨時なんかの路面状況が悪いほうががテストには最適なのでしょうが、そこは何卒ご容赦を。

 さて、MERRELLの新作、カプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス サラウンドとはどんなブーツなのか。いざ、インプレッション開始!!

 と、その前にモノをしっかりと見ておきましょう。 これが、MERRELLのカプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス サラウンドの全貌です。
靴全体で通気性を持たせるため、見た目はメッシュ地のアッパーになっていますが、もちろん完全防水型。ゴアテックスサラウンドを搭載したハイスペックなミッドモデルで、スタイリッシュなデザインもメレルらしい。トゥキャップをハードなラバーでカバーしたり、足首を自由に動かせる幅を持たせつつ、しっかりとサポートするための補強材を配置するなど細かなところの作りがすばらしいです

 それでは、山の中へGO!! 初秋の裏高尾です。
景信山の山頂から関東平野を望む。登山口の小仏から約1時間ほどで稜線に立つことができます。大混みの高尾山から入るよりも、比較的に静かな山旅が楽しめるおすすめのルートですよ
「1. 足の快適さを保つ『GORE-TEX SURROUND』+ミッドカット」をチェック!!

 まず、ゴアテックスサラウンド。最大の特徴は「足底部の空気循環を実現することで靴側面のメッシュ部からも、シューズ内の湿った空気を効果的に排出できる構造」です。もちろん、GORE-TEXファブリクスを全方位に渡ってレイアウトしていることで生まれる性能で、靴内の快適さと完璧な防水性は言うまでもありません。

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot