• 道具

【海外】思わず二度見の大きさ。特殊構造で薪を完全燃焼させるSolo Stoveにパーティーサイズの「Bonfire」登場!

2016.12.27 Tue

「solo stove(ソロストーブ)」と言えば、キャンプでもおなじみ。二次空気を効果的に取り込むことで、木を無駄なく燃やすことができるストーブです。ええ、あのバックパックに放り込みさえすれば落ちてる木を燃料に、揺らめく炎でゆったりとした時間を過ごさせてくれる素晴らしい金属製の筒のことです。

 僕らがなじんでいるものは1〜2人用のコンパクトなものですよね。直径はだいたい11cm程度で、重さも250gくらい。しかし! 現在KICKSTARTERやIndiegogoで出資者を募っているのは直径約50cm、高さ約35cm、重さはなんと約9kgという超ヘビー級。その名も「Bonfire(=たき火、かがり火)」

 

■Solo Stove Bonfire - The World's Most Unique Fire Pit
シンプルでミニマルなデザインと、高い燃焼効率を追求したユニークなファイアピット。それが「solo stove Bonfire」です。きっとこの製品の魅力的な炎に驚き、家族や友人たちと寄り添う素敵な時間を過ごすことができるでしょう(KICKSTARTERコメントより抜粋・要約)

 もちろんサイズが大きくなってもsolo stoveの実力は何ら損なわれていません。エアフローを計算し尽くした構造により、木材を完全に燃焼。約9kgの薪を燃やして、残る灰はたったの140gというデータも公開されています。

 この「solo stove Bonfire」があれば、春先の冷え込むキャンプも、秋のゆったりとした夕暮れも、なんなら真冬の雪遊びも心強いことこの上なしです。

 今なら249ドル(送料別)で購入可能だそうですよ。詳しくは以下のサイトで。
https://www.kickstarter.com/projects/340672218/solo-stove-bonfire-the-worlds-most-unique-fire-pit?ref=discovery
https://www.indiegogo.com/projects/solo-stove-bonfire-the-world-s-best-fire-pit#/

詳しくはこちらのsolo stoveのサイトにも
solo stove
https://www.solostove.com

(アイキャッチ画像はKICKSTARTERより引用)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント