line_box_head

ANAの羽田⇄宮古線がいよいよ新規就航。暑い宮古島がさらにアツくなる夏、6月の“宮ロック”

(2016.03.31)

フェスのTOP

icon

 今年は宮古島が注目されていますね。昨年の伊良部大橋の開通に続いて、この3月にはANAの羽田⇄宮古島の直行便が就航するなど話題に事欠きません。そして、6月には昨年一年のお休みを経て復活した宮古島ロックフェスティバル(宮ロック)の開催も決まっています。

 ホント、ただでさえ暑い宮古島の夏が、さらにさらにアツくなりそうな予感がします。

 今までもJALの直行便は就航していたのですが、ANAもその輪に加わったことで、宮古へのアクセスのしやすさは格段にアップ。もちろん、那覇や石垣なんかからも毎日便はありますが、首都圏からの直行便がプラスオンされたというのは、宮古島の人たちにとってもとても大きなことだと思います。
 
 宮古島がより身近な島になったという事実は、こと、イベントを開催する側の人間にとってはより大きな期待となるわけです。前出の「宮ロック」のメンバーたちも、当然ながら気合い十分で6月の準備を進めているそうですよ。

 本番は18日の土曜日。その前日の17日には前夜祭があり、翌19日には後夜祭も開催される予定です。毎年のことながら、この時期の宮古島はロックフェス一色に染まるといっても過言ではありません。

 Akimamaでも一度紹介していますが、今年は本格的なキャンプインも始まるようで、先週の22日にはオンラインでのキャンプサイトチケットの販売も開始されています。さて、どんなキャンプサイトになるの?? と、やっぱり気になりますよね。

 そこで、今回はこの宮ロック2016キャンプサイトの詳細をお伝えしちゃいましょう。

 18日当日の熱い舞台となるトゥリバーの特設会場はぽっこりと海に突き出た楕円形の突堤で、宮ロックファンならよく知る“いつもの場所”。そして、右手の砂浜をたどった先にある芝生の広場が特設キャンプサイトとなります。

 メイン会場からは徒歩5分と掛からない好立地で、地面は水捌けのよい青々とした芝生。100張300人は優にカバーするほどの広大なエリアで、こんなところでテントを張って過ごせるなんて、贅沢にもほどがある! といったシチュエーションとなっています。

こちらが、キャンプサイトとして予定されている海岸沿いの広場です。会場となるトゥリバー地区の目の前には伊良部島が横たわり、昨年1月に開通となった伊良部大橋が、真っ青な海の上に架け橋となってつながっています。キャンプサイトの地面は芝生! 目の前には宮古ブルーの海!! そしてメイン会場まで徒歩5分!!!

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot