line_box_head

緊急取材。ゴールデンウィークに阿蘇で開催予定の虹空オーガナイザーに、九州の現状を聞いた。

(2016.04.17)

フェスのTOP

icon

画像

阿蘇で2013年にスタートした虹空。何年も九州で続いたフェスのビジョンを継承する形で始まった。

画像02

九州のミュージシャンはもちろん、DACHAMBOのAOやCRO-MAGNONなど、フェスでおなじみのミュージシャンも阿蘇に向かう。

画像03

キャンプイン・スタイルのフェス。現状、開催が予定されているが、今後の状況によっては変更があるかもしれない。フェイスブックの情報をチェック。

東日本大震災以降、多くの人が九州に移住した。古くからそこに住んでいた人たちと移住した人が繋がり、多様なコミュニティが生まれた。そんなコミュニティのひとつにフェスやマルシェがある。ゴールデンウィークに阿蘇で開催される予定のフェス・虹空もまた、そんな新しいコミュニティのひとつかもしれない。マグニチュード7.3の熊本地震により、阿蘇では甚大な被害が出ている。虹空のオーガナイザーの力久博之さんに緊急インタビュー。九州の現状を聞いた。

—— 力久博之さんのお住まいはどちらですか。

 福岡県福岡市西区に住んでいます。

—— 現在の地震の状況を教えてください。

 余震が続いていて、熊本周辺の仲間たちは、車で待機や、避難所に避難している状況です。今後も余震が続くようであれば、家に帰宅できない状況が続く可能性もあります。

—— 4月29日にから、阿蘇の南小国町で開催予定のフェス、虹空について教えてください。どんなきっかけで始まったのでしょうか。

 2012年にRainbow 2012 asoを開催しました。前の年2011年に23年間行われていた九州の代表的お祭り(虹の岬祭り)も終わり、脈々と続いてきたお祭り文化を、継続させるために2013年より始めました。今年で4回目の開催となります。

—— 東日本大震災以降、多くの人が熊本に移住しました。どんな変化がありましたか?

 スキルのあるプロフェッショナルなアーティストや多種多様な職人達に多く移り住んでいただき、今までの九州の人たちでは変化できなかったことや、新しい発想が生まれました。9.11以降に九州は劇的に変化しましたと言っても過言ではありません。代表的な現象としては、三角エコビッレッチサイハテなど、今の時代の感覚でのコミューンが新しく次々と生まれ、その新しい仲間たちにいい影響を与えられて、更なる意識を高めています。

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot