line_box_head

「幸せの国」から、スペシャルオファー!アウトドア天国、ブータンに行くなら今年がチャンス

(2016.04.09)

アウトドアのTOP

icon

 今年2016年は、日本とブータンの国交が樹立して30年。国交樹立30周年を記念して、ブータンから日本に向けて親善スペシャルオファーが発表されている。航空運賃(バンコクなどの隣国からブータンまでの空路)やホテルが最大50%割引きになるというもので、通常のブータン旅行よりもお得になるチャンスだ。
 このスペシャルオファーは、日本国籍を有し、2016年6月、7月、8月に旅行する人を対象にしている。今回はブータン特別企画!日本との関わりあいをひもときながら、神秘の国の魅力を探ってみよう。

ブータン国内では、各地で一年を通し寺院などでお祭りが行われている。提供:ブータン政府観光局

■親日の影には、ひとりの日本人の存在が
 ブータンといえば、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃が2011年に来日したのが記憶に新しい。「幸せの国」から来た美男美女の国王夫妻訪問は、とても話題になった。東北の被災地にも足を運び、心を寄せる姿に感銘を受けた人も多かったことだろう。

 そんな国王夫妻が暮らすブータンに行く絶好の機会が今回やってきた、というわけだ。それにしても、なぜ特別な思いを日本に寄せているのか――じつは「ブータンの農業の父」と呼ばれる、ひとりの日本人が大きく関わっている。1964年から1992年までの28年間にわたって、ブータンで農業指導にあたった西岡京治(にしおか・けいじ)氏だ。ブータンでは知らない人はいないという。

少し歩けばこんな風景はそこらじゅうにある。手つかずの自然が待っている。提供:ブータン政府観光局

 西岡氏は、農業の指導者として野菜の栽培や開墾に力を尽くした。決して恵まれていたとはいえなかった環境にも、地道に長きにわたって指導にあたった功績から「ダジョー」というブータンではもっとも栄誉のある称号を受けるまでに。残念ながら西岡氏は、1992年にブータンで逝去された。葬儀は国葬だったという。最期までブータンの人々に寄り添っていた西岡氏の温厚な人柄が、いまもブータン人の心に残り、親日につながっているといえるだろう。

■ブータンを旅行するための特別なルールの存在
 ブータンは、ヒマラヤ山脈に抱かれ、手つかずの自然が豊かな国。トレッキングにマウンテンバイク、カヤックにラフティングと、壮大な自然を満喫できるアウトドア天国ともいえるだろう。

 じつは、ブータンを旅するには、特別なルールがある。外国人が旅行で滞在するには公定料金なるものを支払わなければならないのだ。金額は、シーズンや人数によって変動するものの、ひとり当たり1日に200〜290ドル(公定料金に含まれるもの:宿泊費や食事代、ガイド費用、国内移動費用、トレッキングツアーのキャンプ設備費・運搬代)。現地では、外出の際にライセンスを持ったガイドが同行し、移動には運転手付きの車が必要だ。旅行の手配は、日本の旅行会社か、認可されている現地の旅行代理店に申し込む。

大小さまざまな川が多く流れている。スペシャルオファーの6-8月は、少しフィッシング時期が外れてしまうかも……。 提供:ブータン政府観光局

例えばガイドと一緒にお寺を巡っても、1日中なにもせずボーッと山を眺めていても1日最低200ドルは払わなければならないのだ。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot