line_box_head

【続・連れださない理由がない!】白い世界にまだ間に合う。専門家による「子どもの成長と自然遊び」雪上編

(2020.02.26)

アウトドアのTOP

icon


 豊かな山や海、川など、自然あふれる日本で子育てをするからには、子どもをフィールドへ連れ出したいと思っているアウトドア好きのお父さん・お母さんは少なくないでしょう。子育て真っ最中のAkimamaスタッフが、幼児教育の現場で自然遊びの重要性を発信しているスペシャリストに「子どもの成長と自然遊び」の深すぎる関係について話を聞いてきました。

 未就学児を対象にした夏の「三浦半島・仙元山」編に続き、今回は小学生とともに雪のあるフィールドへ足を運んできました。

 2月中旬、訪れたのは群馬県のみなかみエリア。谷川連峰の主峰、標高1,977mの谷川岳登山の拠点となる山麓のみなかみ町は、日本海からの湿り気を帯びた風の流れを受けることで、内陸ながら雪が多い地域として知られています。冬はスキー/スノーボードや雪山登山、スノーシューハイキングといったウィンターアクティビティができる場所として、首都圏のアウトドア好きが通う場所です。

 講師は前回に続き長谷部雅一さん。

 長谷部さんは世界一周の旅や国内のアウトドア経験を経て、現在は自然関連のプロジェクトの企画運営や、研修講師、ネイチャーインタープリターというった場で活躍。また保育園や幼稚園のコンサルタントを通じて保育士に向けた自然体験の指導者教育も行っている、まさに今回の適任です。

1977年生まれ。Be-Nature School取締役。一年をかけての世界一周を旅し、7000m級の山から先進国まで、自然と人、文化に触れる。プロジェクトの企画運営のほか、研修講師、ネイチャーインタープリター、場作りの仕掛け人、また40数ヶ国もの子どもたちと触れ合ってきた経験などを元に幼児を対象に自然教育/体育も行う。その他雑誌やラジオ、テレビでも活躍中。

今回は長谷部ファミリーが撮影に同行。左から長谷部雅一さん、娘さんのはなちゃん(7歳)、奥様の美佐さん。ゴールデンドゥードゥルのクマ(2歳)も雪遊びが楽しくて仕方ない。

さらに今回の撮影を担当したフォトグラファー亀田正人さんの三男・湊くん(みなと・8歳)も人生初の雪上遊びを楽しみにロケへ同行。スポーツ一家の末っ子がどんな動きをするのか注目。
 
外に慣れていない子どもは、
初体験の場に来ると固まる?

全国的にこの冬は雪が少ないですが、今日は奇跡的に新雪が積もりましたね!


新雪があると雪遊びの幅が広がるのでラッキーですよ。


うちの息子も今まで雪がこんなに積もっている景色を見たことがないから、もうテンションあがっちゃって!

ははは! いい顔してる! 普段見たことない世界だから楽しいよね。じゃあまずスノーシューを付けましょう。ヒザくらいの深さになると靴のままだとうまく歩けなかったり深い雪に靴を持っていかれたりするので、子どもは小さいサイズのスノーシューがあるとよりいいですね。

前夜から降り積もった真新しい雪が30cmほど! 谷川岳ロープウェイの手前にある土合橋の駐車スペース(冬期は雪で閉鎖)から、湯桧曽川の支流に沿って少し奥へ分け入った。

ストックは使わないんですか?


小学生くらいだと遊んでいるうちに100%放り出しちゃうので、今回は使いません。必要な場合に備えて親が持ってあげるといいですね。よし、じゃあここは安全だから子ども先頭で進んでみようか!

おお〜通常のスノーシューツアーってガイドさんが先頭行くイメージですけど、子どもが先に行っちゃうんですか。


もちろん安全な場所だというのが大前提ですが、先頭を歩くってじつは意味があるんです。「どっちに行く方が歩きやすいか」とか「ここは起伏があるぞ」とか、「枝を避けて歩いてみよう」とか自分で考えますよね。探りながら想像力を働かせて進むことで、大人についていくだけよりもっとその場所や、今回なら雪になじんでいくんですよ。

うちの娘は何度も雪の上に来ていますが、今回初めての湊くんは普段から自然のなかで遊んでいるのがよく分かりますね。


まだ歩き初めて10分くらいなのに、わかるんですか。


外に慣れていない子どもだと、こういう初体験の場に来ると固まるんですよ。どうしていいか分からない。湊くんは見ていると、最初は様子を見て雪との間合いを計っていましたが、すぐに歩きにくい場所も対応できましたね。これが普段から平らで人工的な場所だけでしか遊んでいないと、自然に対してそこでやっている対象物とのコンタクトしかできない可能性がある。


うちは長男次男について山とか海を駆け回ってますからね(笑)


でしょうね。だから未知の世界というものを知ってるし、自分なりに危険を予測できているんですね。日ごろのアクティブさがここでも発揮されていると思います。

子どもを対象としたスノーシューツアーを普段開催する長谷部さんのツアースタイル。何かと役立つソリをバックパックのサイドストラップで固定。

車道から歩くこと20分ほど。湯桧曽川の支流を渡り、今回のベースへ到着した。
 

1~2年生はどんどん不整地で遊び
ボディバランスを鍛えよう。

じゃあ子どもたちは目の届くところで自由に遊んでいいよー! そして大人はとやかく先回りして口出ししないこと!


おっと、このフレーズ前回も聞いた記憶が……。


そうそう、前頭葉が活発に働いていいことづくめなのに、止めちゃダメってやつですね! まずは放っておいてみてください。子どもによって時間の差はありますが、次第に場になじんできます。雪の感覚、山の楽しさ、足元の情報などが身体に入ってきて、自分なりの過ごし方を見つけていきますから。


ちなみに、はなちゃんや湊くんのような小学1〜2年の低学年くらいの年齢では、雪遊び含めてこういった自然の中で過ごすよい影響はどのようなものがありますか?


つい最近まで幼稚園生だったので、不整地のなかで遊ぶことでまだまだ発達の途中であるボディバランスを鍛えることができます。


あらためて、ボディバランスとは?


転びにくい身体、安全に転べる身体の基礎となる部分ですね。1歳ごろから低学年くらいまでは不整地で歩けば歩くほどボディバランスが育ち、身体の中心を探りながら遊ぶことで、さまざまな動きのベースの部分が強化されます。成長してからのスポーツの根っこにもなる大切な部分です。


走る、転ぶ、登る、滑る…みたいな遊びが大事ってことですね。


まさに。大人が仕掛けていかなくても、こういう雪の上や自然の中に出るだけで、知らず知らずに子どもは自分なりにステップを見つけて、遊び込んでいくんですよね。この年齢になるとある程度親から「ダメなこと」を普段言われていることが多いので、逆に「やっていいこと」「NGでないこと」を子どもに伝えることで、子どもたちは自分なりに判断してのびのびと習得していくんです。

なかなか斜度のある斜面にソリを持って上がり始めた湊くん。「ちょっとその角度危ないんじゃない」とつい口を出しそうになるが……。

新雪で雪が柔らかいこともあり、斜度に臆さず攻めるふたり。何度も滑ることで“滑り台”ができ上がってきた。

夏は一帯ヤブだらけ。ところが雪に埋もれると遊び場になる。これが誰でも楽しめる雪の魅力なのだ。

「キャーーーーーーー!!!!」と、メンバー中でこの日一番の悲鳴を上げる美佐さん。ダンナの楽しそうな顔(笑)

大人も本気で楽しんでいるようですが(笑)


いや、それが大事でしょ!


そうそう。フィールドで遊ばせるときは親が先回りして行動を指示しないことも大事ですが、それと同時に親は公園ママのように「危ないわよ〜」「行ったらだめよ〜」とベンチに座ったまま言うのではなく、一緒に見に行き、一緒に体験して共有することが大事なんですよね。

 次ページでは3〜6年生の自然遊びの重要性を解説します!

1 2 3
 
 
ライター
ふくたきともこ

フリーランスの編集者/ライター。アウトドアやスノーボード関連の専門誌で活動する傍ら、フジロックや朝霧ジャムなど国内の野外フェスの制作にも携わる。最近の好きな山は飯豊連峰と伯耆大山。京都出身、一児の母。twitter「@happy_falls

line_box_foot