• 登山

【ミズノアウトドアスクール in 富士山 vol.1】 富士山で学ぶ、安全登山のこと

2013.07.29 Mon

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

 総合スポーツメーカーのミズノでは、この4月から「ミズノアウトドアスクール」と銘打った登山教室を行なっています。そのコンセプトは、「より安心で安全な登山を楽しむための基本的な技術や知識を、実際の登山を通じて学ぶ」こと。

 昨今の登山ブームによる登山者の増加にともなって増え続ける悲惨な遭難事故を少しでも減らそうと、アウトドアメーカーでもあるミズノがアウトドアスクールとして積極的に始めた活動です。

 第1回目の高尾山、2回目の房総の山、3回目の伊豆城山に引き続き、この7月13、14日の両日で、話題沸騰中の富士山ツアーが実施されました。去る6月22日、紆余曲折を経て、ユネスコの世界文化遺産に登録された富士山ですが、その登山人口の増加は年々増えていくばかりです。

 昨年、2012年の登山者数はとうとう32万人を越えたともいわれており、オーバーユースの問題も含め、富士山に登る登山者にこそ、安全登山へ認識を高めていってもらいたいものです。そんなメーカー側の思いを実際に見て体験するべく、Akimama編集部員が、ツアーに参加をしました。今回は、そのときの様子をレポートします。

一合目から登る3776m

 今回のミズノアウトドアスクールのテーマは「山での天候判断と自然の脅威」を学ぶこと。校長に日本を代表する登山家のひとり、大蔵喜福さんを迎えての山行となりました。 参加者は30名。10歳の女の子から70代までと幅が広く、そのうち8割のかたが富士山に登るのは初めてです。スタート地点の中ノ茶屋ではみなさん、どこかしら緊張顔でしたが、大蔵さんのかけ声のもと一路山頂をめざします。

 今回は、富士山を一合目から吉田口ルートを登りました。初日は、五合目の佐藤小屋に宿泊し、翌早暁に小屋を出発。日の出を途中で見て、昼前に山頂へ立つ予定です。

 吉田口はかつてのメイン登山道のひとつであり、要所要所にその面影を見ることもできるルートです。登山道は林道が長く、傾斜や段差のきついところもありますが、道には木陰も多く、気温さえ高くなければ登りやすい登山道です。

 ちなみに初日の気温は30°前後でした。とはいえ、木陰の中の登りですので、それほどに暑い思いはせずに済みました。隊列は2列でペースは時速2〜3kmくらいでしょうか、ゆっくりゆっくりと登っていきました。 登山開始から約4時間半で五合目、佐藤小屋に到着できました。

 ここに一泊して、翌朝3時に小屋を出発しました。ヘッドライトを頭に装着し、全員が大きく深呼吸をします。気温10度、小糠雨の降るなか、白い光の列が動き始めました。当たり前ですが、あたりは真っ暗。頼りになるのは、月明かりとヘッドライトのみです。いよいよ森林限界を越え、標高も徐々に上がっていきます。

 遮るものがないので、風は強く、冷たく吹き付けてきました。これが真夏の風かと思えるほどです。ミズノのレインウェアをまとい、しっかりとレイヤードしていたおかげで厳しいほどではありませんでしたが、なるほど、ウェアリングはとても大切です。

 七合目から先で、登山者たちの渋滞が始まりました。さすがに世界遺産に登録されて間もないだけに、ここから先は牛歩戦術のごとく、一歩一歩を前に進めるのがやっとでした。

 八合目を過ぎたあたりで、大蔵さんが言っていた言葉を思い出しました。「きつくなってきたら、ゆっくりと、深く、何度も深呼吸をしてください」と。もう空気が薄くなってきたのを感じられるほどでした。 

 少しでも多くの酸素を体に取り入れようと、大きく大きく息をしました。そして、自分のペースを乱すことなく、慎重に上をめざします。

 登り初めてから約8時間、ようやく頂上にたどり着きました!

 山頂は山のにぎわいで、日本の登山者はもちろん、外国の方もたくさんいます。なるほど、富士山人気は本当です。山頂に居たのは、20分ほどでした。

 ちょっと物足りない気もしましたが、大蔵さんがいうには、慣れない身体で標高の高いところに長時間留まるのは、高山病の遠因にもなるとの話でした。知らなければ、ついつい留まってしまいますよね、せっかく登った山頂なんだと思えば。

 でも、こういうことを学ぶためのアウトドアスクールなんですよね。

 大蔵さん曰く「日本の山岳地帯は、世界でももっとも厳しい気象条件」ともいわれているそうです。とくに富士山は標高が3776mもあり、すでに高山の範疇にはいっています。そういった認識で登ることの大切さ。

 登山者として自分が登る山への認識をしっかり持つことが、とても大切だと感じました。安全登山のための山登り。それを実践で学べるミズノアウトドアスクールに、ぜひとも参加してみてくださいね。

 富士山はやっぱり、いい山でした。いよ、日本一!!

                                                                                         
[ミズノアウトドアスクール]

                                               
今後の予定
■2013年
9月8日(日) 丹沢/石老山
10月20日(日) 上越国境/谷川岳
11月4日(月・祝) 北八ヶ岳/蓼科山
■2014年
1月12(日)〜13日(月・祝) 上高地スノーシューハイキング

問い合わせ先 TEL.03-6273-0072(ミズノアウトドアスクール運営事務局)
詳細はコチラ

                                                                   
【ミズノアウトドアスクール in 富士山 vol.2】に続く)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧