line_box_head

バックカントリーに入るなら、まずは正しい知識を身に付けるべし!!

(2015.12.15)

登山のTOP

icon

AG2

机上講習会のテーマ1では、地図とコンパスの基本的な使い方も学びます

AG1

もう山では雪が降っているのに〜!! と、焦らず焦らず。バックカントリーの世界はまだまだ続きます。まずは、じっくりと勉強会を

 雪の便りを聞くとウズウズとして、居ても立ってもいられない人、けっこう多いのではないでしょうか。いよいよ、バックカントリーが楽しい季節になってきましたね。でも、過信はご法度です。まずは正しく学んで、安全に楽しむのが第一義。そこで、この道のプロが行なう机上講習会のお知らせです。

 雪山での実地講習ももちろん大切ですが、現場では寒さや雪の影響で集中して学べなかったりするものです。また、作業をするにもグローブや防寒装備を身につけた状態では、なかなか上手にできないことも多々ありますよね。なかには、雪を見て「滑りたい!」 と、ソワソワと落ち着かなくなってしまう人も少なからず居ることでしょう。

 そんなわけで、しっかりと落ち着いて学ぶには、まずは机上講習会がおススメなのです。最初に机上で学び、そのノウハウを街中で体験して、そして、山での実践経験を積む。そんなステップアップ方式のバックカントリー講座を主催しているのは、ご存知、国際山岳ガイドの近藤謙司さん率いるツアーカンパニー・アドベンチャーガイズです。

 机上講習会では、バックカントリーに必要な知識をテーマごとに分けて、全5回での開催となります。それぞれのテーマは以下の通り。

テーマ1 「ツアー計画、地図とコンパス、GPS」
バックカントリーツアーを計画するときのポイント。地図とコンパスの使い方の基本を講習します。GPSのナビゲーションに関しても解説をします。

テーマ2 「地図で同定表作成とホワイトアウトナビ」
地図を使って、同定表の作成とコンパスを使ったホワイトアウトナビゲーションナビゲーションの方法を講習します。

テーマ3 「BC装備、三種の神器の使い方と選び方」
バックカントリーに必要な装備とはなにか。ビーコン、プローブ、シャベル……バックカントリー三種の神器の使い方、選び方を解説。それぞれに実際に手に取りながらの紹介となります。

テーマ4 「雪崩リスクマネージメント」
雪の性質から雪崩のメカニズムまで、基本的な知識からアバランチテレイン、ヒューマンファクターなどについて解説します。

テーマ5 「セルフレスキューとロープワーク」
セルフレスキューのためのさまざまな方法と準備。ロープレスキューに必要なロープの使い方、結び方を講習します。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot