line_box_head

伊藤伴。日本最年少にしてエベレスト、ローツェの連続登頂を成し遂げた男。Akimama独占インタビュー

(2016.09.10)

登山のTOP

icon

 多くの登山家を魅了するエベレスト。

 ネパール語ではサガルマタ(世界の頂上)、そしてチベットではチョモランマ(大地の母神)。いずれもこの山を敬う、そんな意味の名前がつけられ、世界中の登山家に愛されている。
 
 昨年4月、伊藤はエベレストに登頂しようとベースキャンプにいた。ところが4月25日のネパール大地震の影響により、5月1日にこの挑戦は中止となった。現地にいた彼は迫り来る雪崩の恐怖を実体験。ネパールの現状を目の当たりにしつつ下山することとなった。

 1年後の今年、再びエベレストに挑戦したのは、彼にとっていちばん登ってみたい山であると同時に、自ら体験したネパール大地震を風化させないという思いもあったようだ。

 ではなぜ、若い彼は多くの山の中からエベレストを選んだのか。

▼日本人最年少でエベレスト登頂、さらにローツェの連続登頂を成し遂げた伊藤 伴さんは、いったいどんな子どもでしたか? 家族も山好きだったとか?

「うちはインドア派の家庭でした。両親は音楽で知り合ったので、山に登るというより地下1階にあるライブハウスに行くような、そんな家族でした。ぼくも運動や勉強が大嫌いで、ゲームのために貯金するインドア派。

 そんなぼくが山を好きになるきっかけは、小学4年のときの担任が山好きだったこと。そして当時、理科の専科の先生も山が好きで、その先生が中心になってハイキングクラブというのをつくっていて、子どもたちを山に連れて行ってくれたからだと思います」

▼インドア派のご家族だと、なかなか山に行く機会は少なくなりそうですが……。

 ハイキングクラブに入る前、一度だけ家族で富士山に登ったんです。ただ、観光のつもりだったので、Tシャツとジーパン。そんな格好だったので、関係者の人に7号目で止められてしまって。

 じゃあ、次はきちんと準備して行こうと、すぐにアウトドアドアショップで上から下までそろえました。そのとき、自分のバックパックが欲しかったので、ゲームを買うために貯めていたお金を使いました。山で使える高度計などがついたアウトドア用の時計も、小学校5年生のときに買った物。いまでも使っています。
 
 そんなこともあってか、ハイキングクラブがとても魅力的で。ただ保護者同伴なので、そこは親を説得して山へ行くようになったんです。

1 2 3
 
 
ライター
久保田亜矢

スポーツ・フォトジャーナリスト、フリー編集者。スノーボードやスキー、アドベンチャーレース、サバニなどアウトドアスポーツをメインに、選手のインタビューや大会レポートを執筆。数々の雑誌で活躍中。『Adventure Race』編集長。http://ayakubota.jp

line_box_foot