line_box_head

知られざる地域の魅力を再発見! えひめ東予で、究極の美味しいもの探し。

(2019.09.26)

カルチャーのTOP

icon

 愛媛県の東予地方の東部に位置する「新居浜市」、「西条市」、「四国中央市」を舞台に、4月から11月まで開催されている地域振興イベント「えひめさんさん物語」。
 このエリアは、石鎚山をはじめとした山々の豊かな自然の恵みを受け、全国有数の「ものづくり産業」の一大集積地として発展してきました。「えひめさんさん物語」では、これら産業をはじめ、自然、歴史など、地域の資産とアート、アクティビティなどを融合させ、このエリアの魅力を発信しています。

日本夜景遺産にも選ばれた具定展望台から望む工場地帯の夜景

 今回、このイベントをきっかけに、東予にやってきたアキママ特派員の茜と岬、ふたりの旅も、いよいよ終盤です。別子山でのキャンプや、別子銅山ハイキング石鎚山登山と、東予のアウトドアを満喫したふたりですが、そろそろ街が恋しくなってきたようです。

 石鎚山から下山してきた、次のふたりの目的は、東予の「うまいもの」探しです。
 
 そこで、イベント期間中、東予東部エリアのものづくり企業18社が、普段はなかなか見ることができない、ものづくりの現場を特別公開する「オープンファクトリー」を開催していると聞き、山でも食べた「別子飴」の工場と、キャンプ場で飲んだ地酒「梅錦」の酒蔵見学へ。

 別子飴本舗は、明治初年の創業から変わらず、銅釜を使った製法で、地元の銘菓として愛される別子飴を製作。また飴以外にも、生羊羹や地元の里芋を使ったスナック菓子など、さまざまな個性的なお菓子を作っている老舗郷土菓子店です。
 

なにこれ〜。これ全部、飴の包み紙だよー! 


これは、アーティスト in ファクトリーといって、松岡美江さんというアーティストが、別子飴本舗さんと協働で制作したアート作品なんだよ


工場見学では、「別子飴」の生産工程だけじゃなく、新居浜の歴史やお祭りなどの映像の上映もあって、実際に飴を自分で練ってみるワークショップもできるんです


 甘いものときたら、次はお酒! というわけで、四国中央市にある地酒「梅錦」の酒蔵へ。ここでは、杜氏といっしょに酒蔵をめぐり、酒造りについてじっくり学ぶ大人の工場見学ができます。

 梅錦山川は、明治5年(1872年)にこの地で創業して以来、米や水の選び方にこだわり、「うまい酒」を造ることだけにこだわってきた酒蔵です。

杜氏さんの話を聞いたら、酵母が、とてもかわいく思えてきました。

見学の後は、工場内のバーカウンターで、いろんな銘酒の試飲もできるので、とても人気のプログラムです

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot