line_box_head

【毎日コフラン】がパワーアップして帰って来た!! 名付けて“THE COGHLAN’S CAMP”—後編—

(2019.09.06)

道具のTOP

icon

林 拓郎、ホーボージュン、森山伸也のアウトドアライター3人が挑んだコフランキャンプ。期待通りの騒々しさで、後編へ突入!!
 編集者たちの悪ノリで始まったコフランキャンプ。林 拓郎、森山伸也、ホーボージュンとアウトドア界を代表する3人のライター陣が、ただただ純粋に「コフランのみを使って一夜を明かす」という企画である。並べられたアイテムを仲よく分けあって……とは、もちろん行かず、のっけからドタバタ続きのキャンプロケ。各人の用具選びも終わり、いざ設営へ! と、思ったところで車軸を下すかのような大粒の雨が地面を叩く。うぉぉぉぉ〜!! と、天に向かって許しを乞うジュンさん。一体全体、どうなってしまうのか!?

 ということで、前回までの記事は以下にて。

【毎日コフラン】がパワーアップして帰って来た!! 名付けて“THE COGHLAN’S CAMP”—前編—

これはもはやアウトドアズマンの面子を掛けての闘いなのだ!! 

 1時間半ほど降り続いた大雨も、最後の雷鳴とともに降り止んだ。とはいえ、緩い傾斜が続くサイトにはいく筋もの“川”が流れている。

「いやぁ、先に雨が降ってくれてよかったよ」
「ですよね、これ、設営した後だったら大変でしたね」
「天はわれらに味方しているのだ!! ha ha ha!!!」

 マイナスのできごとをマイナスとせず、なんでもプラスに考えられるのは、アウトドアを極めている3人ならでは。場数を踏んでいるだけありますね〜。って、そんなこと言っている場合か!! まるでマンガのようなこの展開に、「やっぱり、この人たちは持ってるなぁ」と、妙に感心してしまう……。
さて、雨も止んだので、そろそろ設営開始してください! と、伝えたのに、この人たちには馬耳東風。伸也と拓郎さんはそそくさと川へ。瓶ビールを手にしたふたりだが、栓抜きはないなずだ。どうする!? そんなことは関係ないでしょとばかりに拓郎さんは、ゲットしたファイヤースターターを取り出し、シュポッと見事に開栓。でも、伸也にはそんなものはない。では、と近くにあった鉄の支柱に王冠を引っ掛けて……バキッ!!! なんと瓶の口が割れてしまった! このままじゃ、口が切れちゃいます。そこで、伸也は思い付く。ジュンさんがコップをふたつ持っていたはず。センパイ、ぼくコップないんす。トレードお願いします! え!? まだ、設営始まっていないんですけど……。

 さて、気持ちも改めまして。いよいよ核心部の始まりはじまり〜。選んだ用具に適した場所を見つけ出し、寝床のしつらえを工夫する。では、ここで各人の動向を担当編集陣からレポートしましょう!
 
→林 拓郎のハンモック編
「ハンモックを掛けるいい場所がないなぁ」とキャンプ場内をウロウロする拓郎さん。ハンモックの設営はほどよい間隔の木立を見つけなければ始まらない。すると、“ある場所” を見つけ、少し考え込んでから一直線に向かって行ったのです。なんと! そこにはすでに、Akimama広告担当のハンモックが設置されていたのです。自分の場所が狙われているのを察知したハトリが「ヤメテ〜」と防御をしにくるも、無慈悲にどんどんと解体されていってしまう。ということで、まず無事(!?)に場所を確保。……と、いいたかったところですが、「やっぱ、ダメだ。木立の幅が合わないや」なんて言葉を残し、次の場所へと移動する拓郎さん。ひど〜い! でも、ここからは早かったなぁ。あっという間にハンモックを設営したと思ったら、小枝のみでピクニックブランケットを屋根にしてしまいます。拓郎さん曰く、ここが今回の寝床のポイントだそう。ヒモは一切使用せずにブランケットとハンモックをアタッチしていて、結ばずに小枝を使うことで、位置調整もスムーズに行なえる。こんなやり方があるなんて! あとは、拾ってきた木とランドリーリールでテンションを掛ければできあがり。ブランケットが不意の雨も防ぐタープに大変身。これだけの材料で雨も防げる寝床がつくれるって想像できました? アイテムを選ぶ段階でここまで考えていたなんて脱帽です。

→森山伸也のモスキートネット編
モスキートネットはいわゆるカヤなので、天井から吊るして使うもの。なれば設置場所は森の中かな、と思っていたら伸也が選んだのは2本のシラカバが並び立つ木陰。太めの枝を選び、モスキートネットの短辺を高さを合わせてヒモで結んでいる。このヒモも、もちろんゲットしたコフランのクローズライン。ちょうどいい長さに切断して使っています。もう片方の一辺はどうするかといえば、森で拾った枝をポール代わりに2本立て、こちらもクローズラインでテンションを掛ける。なるほど、あっという間にかたちができあがっている。地面への固定には強力なエクスパンダーペグ。「これ、かなりいいですよ。ガッチリと土を噛んでくれる」と自分の選択センスにご満悦の模様だ。そして、おそらく身に付けて眠るのだろうと思っていたポンチョは、ネットに屋根掛け。タープクリップで固定します。なるほど、天からの雨にはこれで対応しようって肚ですな。でも、横殴りの雨だったら元も子もないね、これ(笑。そういえば、さっきジュンさんとのコップのトレードで使ったのはこのタープクリップだった。じつは伸也が「毎日コフラン」で紹介したもので、余剰分を持っていたようだ。これも作戦勝ちか。取材陣および外野がいちばん驚いたのは、テーブルクロスウェイトの使い方。そうだよね、むかし、おばあちゃん家にあったカヤにもいちばん下に重りが付いてたよ! やるなぁ、伸也。

→ホーボージュンのチューブテント編
「防水の布とロープがあれば小屋掛けできる。サバイバルキャンプの基本中の基本だよ」。早々にチューブテントとポリコードを手に入れてしたり顔のジュンさんだったが、チューブテントのパッケージを開いた途端声をあげた。「あれ、なんだコレ!?」。透け感のある……というか、ぶっちゃけビニールみたいな本体を眺めながら「想定外」という顔をしている。でかでかと書かれた「Tube Tent」の文字を見てもっと丈夫なものを想像していたらしい。残念ながら1,620円という値段には気づかなかったようだ。なにやら出鼻をくじかれた感はあるものの、気を取り直して設営スタート。まずは材料集め。てきぱきと設営を進めるふたりを尻目に森の中へ。時間をかけて探してきたのは3本の長い木の枝。これを梁と柱にしようという作戦だ。チューブテント本体に長い枝を通して梁にする。その両端にポリコードで柱を固定。柱はトローウェルで掘った穴に立てて、さらに張り綱でがっちりと安定させる。ペグも手に入れてあるから鬼に金棒。エマージェンシーシートをどうするかと思ったら、なるほどそう来ましたか。ツイストアンカーはシェルターの固定ではなく、愛犬ラナのリードを繋ぐ杭として使用。頭に枝を通せば力が加えやすくなるので、硬い地面にもぐいぐいねじ込めた。

その一方で取材陣は!? 

 今回のロケはライター陣3人のほか、それぞれの担当編集が3人、Akimamaの広告担当2名、カメラマンのほか、エイアンドエフからもなんと代表取締役の赤津大介さんほか2名が参加。さらにさらに! ジュンさん一家と伸也一家もやってくるというお祭り騒ぎに。総勢で15人と犬2匹。なんという大所帯なんだ。この業界の内々のメンバーも、あの3人がいったいどんなキャンプをしてくれるのか興味津々。で、人数集まっちゃったんですね。

こちらジュンさんの奥様でアウトドアライターの福瀧智子さん。そして子息の風生くん。日曜日の親子の平和な日常って感じですが、おとーさんは真剣に!? 勝負中なんですけど……。取材陣もみな、風生くんにメロメロです。

 そんなことで、いわゆるふつうのロケとはまったく様相がちがう。なんといっても取材班の主要メンバーよりも外野のほうの人数が多く、やいのやいのとつっこんではボケるの繰り返しで、仕事もまったく進まない。結局、みんなで腹を抱えてずぅっと笑い続けていたように思う。当然、アルコールも進む進む。大丈夫か!? コフランキャンプ。

「オレたちまじめにやってんのに、なんだよオメェらは!!」なんて言いながらも、ビール瓶片手に順調に設営を進めるジュンさん。外野の大騒ぎは蚊帳の外で、まさにカヤを黙々と張る伸也。気がつけば、遠くの巨木にハンモックを吊るす拓郎さん。外野のこの状況を無視して、まじめに仕事に取り掛かっているこの3人。やはり、いろんな意味でプロですねぇ。と、そのうちに、各人の一夜の宿がかたちになってくる。
 
 これはオモシロい。三者三様、できあがった宿に個性が出まくっています!

できました、今夜のお宿! 各人のポイントを語ってもらいましょう!!

→林 拓郎の今夜のお宿
前編をじっくり読んでいる読者なら拓郎さんの考えがわかったはず。持参した自前のコクーン「Insect shieldトラベルシーツ」。これで虫への対策ができているので、なんの迷いもなくハンモックを選んだのです。ほかのふたりとちがい、空中に浮いた状態で寝れるため、大雨が降って浸水してしまう心配なし。さらにはムカデなどの地面をはうタイプの毒虫にもやられない。難点をあげるとすれば、やはり不意に落ちてしまう危険があるってことでしょうか。真似をするなら、寝相が悪い人は要注意!

→森山伸也の今夜のお宿
完璧な宿ができました! 天候さえ荒れなければ、夏の高原には最高のモスキートネットの小屋掛けだ。この芝生のポイントは、さっきの大雨でも濡れなかった場所。安心して眠れる。まぁ、横からの雨にはご注意ですが。木立と枝を使ってのシンプルでナチュラルなアイデアは、伸也の個性というものでしょう。お見事!

→ホーボージュンの今夜のお宿
防水の布とロープがあればの宣言どおり、お手本のようなシェルターが完成。チューブテント本体と梁は固定せず、床を石で押さえてあるだけなので、石をどかせば梁を支点にして左右に簡単に動かせるのがミソ。大雨のときは差しかけたエマージェンシーシートの下に移動できるし、雨が吹き込む場合はシートの張り方を変えてやれば防げる。日中は日陰をつくり、ラナの避難場所にもなる。柱もしっかりしていて雨にも風にも強そうな一夜の宿となったが、唯一の難点はその素材感。夜、ライトを点けるとかなり色っぽいんです。中にいるのはオトコの中のオトコ……。

 あの大雨以降は天候も安定したことだし、宿も完成。では、そろそろ次のステージへ行ってみましょう。ということで、続いては「コフランキャンプ料理対決!!」。コフランアイテムを選んだのと同様に、じゃんけんで順番を決めて食材選びを始めましょう。じゃ〜んけん、ぽい!

本日第2回目のじゃんけん大会。またしても、本気モード全開の3人。勝ったのは、ジュンさん。両手を挙げてのガッツポーズです。コフランアイテムと同様に、10個ずつの食材を選びます。今夜のディナーと明日の朝食分なり。

 3人の選んだ食材はこちら。興味深いのは、自分の使えるコフランアイテムのサイズ、かたち、仕様によって食材を選んでいること。

左から拓郎さん、伸也、ジュンさんが選んだ10食材。それぞれのメインは、豚バラの巨大な塊、めでタイ一匹、なぞのダック一羽分。このダック、いまはパッケージされていますが、開けてみてビックリの展開に。やっぱり持ってるなぁ、ジュンさん。

 トライポットをゲットした拓郎さんは、当然のごとく巨大な豚の一枚肉。伸也はタイ一匹。おそらく三枚におろしてブロイラーで火に炙るつもりでしょう。で、ジュンさんが手にしたのはまるごとダックを一羽分。さて、どんな料理を見せてくれるのか!?

お〜い、まだ火が点かないの?? 日が暮れちゃうよ〜

 コフランには焚き火アイテムがかなり充実しているものの、果たしてアウトドアのプロたちはちゃんと火を熾せるのか!? だって、用意していた薪はあの大雨ですでにぐっしょり。薪を救出した面々もいましたが、どうやらときすでに遅しだったようで……。

いやはや大変。さっきの大雨がここまで焚き木を濡らしていたなんて。アウトドアのプロたちがそれぞれのやり方で火熾しにトライしますが、なかなか点かないねぇ〜。それにしても、焚き火も個性が出ますよね。みんなに共通していたのは、火を点ける前の準備をていねいに行なっていたこと。ファイヤースターターを削ってマグネシウムの粉を溜め込む拓郎さんに、ナタとナイフを駆使して着火用の細工を小枝に施す伸也とジュンさん。シュボッと防水マッチを擦るのは伸也。そして……あれ、ジュンさん!? なんで伸也のマッチ奪って使ってるの!? 防水マッチ持っているって言ってませんでした?(持っているつもりで家に忘れてきたそーです。)ジュンさんのダックはなんと首付きの丸ごと一羽。「マルコ」と名前を付けて、調理を開始。どうやらジュンさんはエセのイタリア人と化している模様。チャオ、トレビーノとラテン系の言葉を連発。いいから、ちゃんっと調理しましょうね! 拓郎さんは黙々と豚の塊に下処理を施しています。バッチリと塩を効かせて、刻みを入れて、熾した焚き火の上に設置したトライポッドにドサリと乗せる。ワイルドぉ〜。伸也はタイを3枚おろしにして、ブロイラーで網焼きに。ちゃんと皮を下にして強火で炙っています。ところで、気になるもう1匹のボーダーコリーは、伸也の愛犬モリコ。もう食材が気になって仕方がない様子で、全員の食材を本能丸出しでめぐっています。それにしても、コフランアイテムはやはり焚き火料理が似合うね。

できました! 三者三様の焚き火料理。お味のほどは?

→林 拓郎のワイルドポーク
どうですこのワイルド料理。拓郎さん、「トライポッドで肉を焼く。これって男じゃないですか」とハナ息荒くなってます。中までしっかり火を通すために、あえて焦がしてしまうほど長時間じっくりと焚き火にかけた。その甲斐あって、外はカリっ! 中はジュワ〜の絶品ワイルドポークのできあがり。もはやジューシーなベーコンでしょこれ。スタッフ一同でペロリと平らげちゃいました。

→森山伸也のグリル・ド・タイ
メインディッシュは、ブロイラーを使ったタイの網焼き。あれ?伸也、レモンなんかゲットしてたっけ!? これ、編集サイドからのプレゼントです。彩りと美味しさと。大切大切。あと気になるのは、フォールディングトースター。ちゃんとお皿になってます! 使い方は自由自在なのが、コフランのいいところ。

→ホーボージュンのマルコ!!
パックグリルがあれば、焚き火がそのままストーブになる。スチールの缶は鍋の代わり。ラムや野菜を刻んだらトマト缶にぶちこんでそのまま火にかけた。マルコは腹に野菜を詰めてダッチオーブンに投入。「これで何人分?」なんていうのは愚問。翌朝は20年来の旅のとも、キャンプクッカーが大活躍。朝から脂こってりのラムを焼き、残ったマルコの肉とシチューにチーズを加えてでホットサンド(育ち盛りか!)。写真を見て気づきましたが、編集部が用意した共同装備の中にダッチオーブンはありませんでした。ってことは、スタッフの装備からしれっと持ってきたんだな。気づけよって話ですが、この時間になるとスタッフも、もうねぇ。

 そうして夜は更けていく。

 悪ノリで始まった企画は、アウトドアのプロ3人を迎えてさらに悪ノリに磨きをかけ、1泊2日のドタバタキャンプは終盤を迎えることに。こうして夜は更けていくのだ! 標高1,500mの高原の空には満点の星。眠れぬ日々の続いた暑い都会の夜から抜け出して、なんとも快適な一夜になりそうだ。でも、真夜中に大風が吹いて強い雨なんかがパラリと来てくれたら、もっとおもしろくなりそうだね、なんて外野は話しておりますが……。もしそうなったら、寒いだろうね、あの3人。

仲の悪いようにみえた3人の1日でしたが、満天の星輝く廻り目の夜では、すべてが清らかになるようでして……。拓郎さんのトライポッドを囲んでスコッチなんて飲んでいます。なんだか、THEアウトドア的な王道の画柄ですよね、コレ。

昼間にあれだけの雨が降っただけに、期待と不安は大きく膨らんでいたのですが、どうやら今晩の天気は大丈夫な様子。三者三様、自慢の宿でお休みなさい〜。ZZZ……。

ここでおさらい。3人の選んだアイテムはこうして使われた!

 コフランキャンプも終盤を迎え、夜は更けてやっと静寂の戻った廻り目平。標高1,500mの高原の夜風は肌身に寒そうではありますが、この3人であれば無事に朝を迎えることでしょう。でも、大筋を見失うなかれ。今回の主役はあくまでもコフランアイテムであって3人ではない。ので、ここでしっかりとおさらいしておきましょ。アウトドアのプロたちは、こうやってコフランを愛しました!

→林 拓郎の選んだコフラン10アイテムはこれだ!!
ホットサンドクッカー #1740 影の功労者がこれ。野菜を入れると、水分があるから蒸されておいしいんです。野菜を焼いたり、朝食のマカロニに火を通したりと、つねになにかを調理していた。
キャンプクッカー つまみ用で使用したのだが、ホントの狙いは先にパンを取られたので相手の動きを封じる“タメ”だったらしい。
トライポッドグリル #9340 いちばんのオススメアイテムはこれだそう。トライポッドを活かす食材を、ということで豚の塊をチョイス。
ファイヤースターター マグネシウムの粉を火花で着火させたら、細かく割った木から順々に大きい木へと火を移していく。拓郎さんはこれでビール瓶の蓋を開けていました。
フォールドカップ ビールを飲むためだけでなく、朝食のパスタを戻すのにも使用。夜のうちにマカロニと水を入れておけば、朝には食べられる状態に。
ハンモック ハンモックに屋根をつけシュラフにくるまれば立派な寝床になるんです。マットも引いたら寝心地バツグンで快適に寝れそう。
ピクニックブランケット 本来は敷物として使用するところを屋根にしちゃいました。ハンモックとセットで使うことを最初から想定していたのかな!?
ランドリーリール 巻き取り式で長さ調整ができるので、切らずとも微妙な長さ調整が可能。使い終わったら巻き取って、また利用できるのも便利ですよね。
タープクリップ 2個入 これどこで使ったの? って思いますよね。そうです。使っていないんです。たぶん寝床作成で使う予定だったんではないでしょうか。使わずに建てられてしまうほど小技をふんだんに使ってました。
キャンピングミラー 夜は焚き火を扇ぐウチワがわりに、朝はコンタクトを入れるための鏡に、と地味ながらも大活躍。
(*上記10アイテムの税込み合計金額は23,220円は3人の中で最高額! なんたって、高額アイテム上位3つを独占してるからね)

→森山伸也の選んだコフラン10アイテムはこれだ!!
6エッグホルダー やはりコフランの王道アイテムとしてこれは外せなかったという伸也。食器として使えるかとも思っていたようだが、結局は正しくタマゴを入れることに。
ブロイラー これひとつでなんでも焼ける。焚き火料理のメインアイテムともなる心強い存在だった。手にした瞬間に今日のメニューは決まっていた模様。
フォールディングトースター ふつうはパンを焼きますよね? でも伸也は、グリル・ド・タイの飾り皿に使用。で、翌朝はちゃんとトースターとしても使っていました。使い方次第ですね。
テーブルクロスウェイト いちばん驚いたのがコレ。カヤの「おもし」とするとは、考えつきませんでした。「いつもは石とか靴などをネットの裾においているけど、シャレこいてみました」
タープクリップ 「シートを噛み続けるワニ棟梁」として「毎日コフラン」でも紹介していただけに、安心の存在だったとか。まさに王道の使い方をしています。さらに、あまったタープクリップでジュンさんのコラプシブルカップとのトレード成立!!
B.W.モスキートネット じゃんけん勝負は最下位だったものの、いいアイテムを手に入れた伸也。ここからこの晩の「作戦」がスタートした。
クローズライン 「今回のギア争奪戦でかなり大切だなと思っていたのは、ロープです」。ヒモがあれば、アウトドアでは冒険の幅が大きくなります!
エクスパンダーペグ スプリングスチールの反発力で地中で大きく広がる特殊なペグを手に「お、これ、けっこう効く」と伸也は満面の笑み。これで風が吹いても安心安心。
ライトウェイトポンチョ 「着て」眠るわけではなく、モスキートネットの屋根掛けとなりました。でも、ジュンさんに破られたりして散々だったけど(笑。
耐風/耐水ストームマッチ このマッチであれば、たしかに火は点くんです。完璧に。でも、薪が芯まで濡れていたのでは、なかなか手強く……。
(*上記10アイテムの税込み合計金額は10,745円。この金額で、快適カヤ生活できます!!!)

→ホーボージュンの選んだコフラン10アイテムはこれだ!!
チューブテント コフランの製品で唯一テントの名前が付いているのがコレだから、快適なシェルターをつくるなら選ばない理由はない。ロープを通すグロメットもファスナーも付いていない、文字通りのチューブ型。
ポリコード なにかと便利だし、ないと困るのがロープ。チューブテントにも付属しているが、それだけで強固に設営するのは至難の技。
エマージェンシーブランケット アルミ蒸着の極薄ブランケットだが、ジュンさんはユーティリティスペースの屋根として使用した。
GIカンオープナー(2ヶ入り) これを持っていれば食材のなかから缶詰を選べる。空き缶は鍋の代わりにもなる。今回はトマト缶をそのままシチューにした。味のことは聞くな。
コラプシブルカップ(2ヶセット) おいしくビールを飲むために。ひとつは伸也のタープクリップと交換。
ABSテントペグ(6本入り)6インチ チューブテント、ポリコードときたら、次はコレ。石でも代用できるが、ペグがあれば断然楽だし、確実に固定できる。
ツイストアンカー ラナを繋ぐために使用。犬を繋ぐ場合は、事前にしっかりと効いているかをチェックしましょう。
トローウェル チューブテントを立てるための2本の柱は、こいつで地面に穴を掘って埋めた。いうまでもなく、ポリコードだけで固定するよりも格段に安心感が高い。
テレスコーピングフォーク 毎年夏には完売する隠れた人気商品だけど、そういえば使ってないな、コレ。
パックグリル これがあれば焚き火は調理用のストーブになる。私物のキャンプクッカーと合わせてキッチンは安泰のはずだったが、まさか耐風/耐水ストームマッチを忘れるとは……。
(*上記10アイテムの税込み合計金額は7,679円って安っ!)

結論。できます! コフランのみでも快適なキャンプが。

 アウトドアの真髄は「敢えて不便を愉しむ」というものであるならば、コフランほどそれを表現できるアイテムはない。なんでもないものを上手に組み合わせ、また自然の枝葉を利用してそれぞれの「宿」をつくりあげた3人の創意工夫は、見ていて気持ちのいいほどだった。アウトドアレベルMAXのこの3人なら当たり前と思うかもしれないが、その3人でさえ、コフランとここまで真剣に向き合ったことはなかったはず。「こんなのがあれば!」とか、「こんなものどうすんだ!?」と思えるアイテムを敢えてつくり続けるコフランであればこそ、使う側の工夫が必要なのであり、それは、アウトドアを志す人たちには本来、欠くことのできない要素であるはず。そんな「当たり前」を思い出させてくれたのは、ズラリと並んだコフランアイテムだった。

 コフランキャンプ、かなり刺激的です。エイアンドエフさん、このキャンプ、会社の新人研修にピッタリだと思います。ぜひ、実践してみてください! いい講師、紹介しますよ〜!!

 では、最後にエイアンドエフ代表の赤津大介さんからひと言。動画でどうぞ!!

→赤津大介さん

 
FIN
 
 

【出演=林 拓郎、ホーボージュン、森山伸也】
【取材協力=エイアンドエフ】
【編集・文=宮川 哲/森山伸也担当+地の文、伊藤俊明/ホーボージュン担当、河津慶祐/林 拓郎担当 写真=sumi☆photo】

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot