line_box_head

【短期集中連載 FUTURELIGHT】第3回 無雪期登山で「フューチャーライト」のジャケットをインプレッションしてきたぞ!

(2019.10.21)

道具のTOP

icon

 いきなり結果から書いてしまったが、ここからは2ヵ所で行ったインプレッションについて、それぞれ詳しくレポートしていこう。

大渚山 標高1,566m。雨飾山に隣接し、山頂にある展望台からは、白馬方面、妙高方面など、まわりの山々がよくみえる。

 今回のインプレッションでいちばん試したかったのは、「本当に、着用したままで行動し続けられるのか?」ということだった。先日のイベントでも登壇者全員が「防水透湿性」と「通気性」については太鼓判を押していたが、彼らはいずれも過酷な環境下での着用だ。私は、湿気の多い日本の山で、ひとりのユーザーとして試してみたかったのだ。

 今回のインプレッションは、友人の山岳ガイド・松本省二さんにも同行してもらった。松本さんは、ザ・ノース・フェイスのサポートガイドだ。普段から同社のさまざまなアイテムを使って登山やクライミングをしているので、インプレッションの交換もしやすい。また白馬エリアにも詳しいので、今回の取材にあたっても的確な意見やアドバイスをもらえると考えたからだ。

 今年の秋は、秋雨前線と台風のおかげで天気が変わりやすく、しかもまだ湿気のある暑さも残っていた。実際、インプレッション当日も天気が崩れ始めており、予定していた白馬岳の稜線あたりは強風。結果的に登るのを断念したほどだ。

 ただ、これもインプレッションにはいいチャンスだと、急遽をプラン変更。風の影響を受けづらいフィールドを求めて、小谷村の大渚山へ。登山道の入口がある湯峠から山頂まで標高1,500m前後の樹林帯をめざした。大渚山のコースタイムは片道1時間10分ほどとコンパクトだが、アップダウンや展望のよいポイントもあり、インプレッションに適した山だった。

(上左)山頂に近づくと展望が開け、あたりが見渡せるエリアに。ただし、崖に注意。(上右)後ろには雨飾山。うっそうとした樹林帯を抜け、山頂まであと少し。(下左)山頂で記念撮影。このときは、まだ視界良好。展望台からは付近の山々もよく見えた。(下右)下山時に小雨が降り出すと、色の濃い虹がくっきりと浮かび上がった。

 出発時、体感的にはTシャツやロングスリーブ1枚で登っても平気な温度だったが、あえてメリノウール100%のTシャツ1枚の上に直接「フューチャーライト」を着てみた。そこで驚いたのが、着心地と肌触りだ。Tシャツの上に直接ハードシェルを着用すればゴワゴワするし、いくら浸透性を備えているとはいえ、肌に直接裏地が当たるのは着心地が悪いものだ。が、それがまったくなかったのだ。

(上)ベースレイヤーとして筆者はメリノウール100%のTシャツを、松本さんは化繊のロングスリーブを着用。その上に直接「FL L5 LTジャケット」を着て行動した。

 肌に直接触れる裏地部分も非常にソフトで、まったく違和感がない。そして、もちろんシャカシャカと生地がこすれる音もしない。

 いちばん検証したかった「通気性」は、快適性として実感できるものだった。脇にベンチレーションがなく、前ポケットも貫通してはいないのだが、歩いている間も何度かフロントファスナーを上げ下げしたぐらい。ベンチレーションがなくても、まったく問題なかった。高い湿気と弱いながらも日差しがある中で、あえて上着を着用したにも関わらず、こんなに快適に歩くことができたのは驚き。山頂に着いた時の快適さに、テンション上がり気味の声を上げてしまったほどだ。

 ただし、勘違いしてはいけないのがジャケットの機能性だけでこの結果が出たわけではないということ。「状況にあったレイヤリング」や「歩くペース」といった「着用条件」が整ってこそ。フューチャーライトのいい点をさらに引き出すレイヤリングを組み合わせてやることで、これまでにない快適さを実感することができるだろう。

 <インプレッション1>が終了。天気は、どんどん崩れてきていたが、ガイドの松本さんに、やはりもっと標高を上げてインプレッションしたいと相談し、当初予定していた「蓮華温泉ロッジ」に移動した。

1 2 3
 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot